コンシェルジュ・サービス

パリのハンバーガーその3〜Frog hop house〜


11月も最終週、花屋さんにモミの木が出始め、イルミネーションの準備も完了、ああ、もうノエルか〜と思っていたら、気温もグッと寒くなり朝はマイナスの時も!気温的にもノエルの準備が始まったようです。

さて、毎回書いているような気もしますが、寒くなるとお腹にグッとくる肉系が欲しくなりますよね!?
ということで、またまたやってきました(個人的な)ハンバーガーブーム。

今回はオペラ〜マドレーヌ界隈で探し、見つけたのがこちら、Frog Hop House。

frog-hop-house-3-002

クラフトビールとアメリカのソウルフードがご自慢のビアハウス&パブ&レストランです。

ザ・パブ!な店内では英語訛りのフランス語のお兄さんが温かく迎えてくれます。

frog-hop-house-2-002

最近のオシャレなフレンチレストランはスタイリッシュでちょっと無機質な感じのものも多いのですが(これはこれで好きなのですが)、木の温もりの感じられる店内はなかなか落ち着けていい感じですね。

さて、メニューを開くと、最近増えてきたハンバーガー専門店とは違って、アメリカンBBQやタコス、クラブサンドイッチ、シーザーサラダなどもあり、ザ・アメリカン!な充実のラインナップ。
それぞれ種類も豊富で、ベジタリアンメニューもあったりと、選択肢が多くて悩んでしまいますが、まずは基本のハンバーガー!悩んだ挙句に、こちらのスペシャリティでもあるバーベキューなら美味しいはず!と、バーベキュー・バーガーを注文。ハンバーガーを注文するとポテトにコールスローサラダも付いてきます。

frog-hop-house-1-002

友人は軽めにということで、シーザーサラダを注文。アメリカンレストラン、基本はがっつりお肉ですが、クラブサンドイッチや、サラダも数種あり、またオニオンリングやポテトなど、ビールのおつまみになる単品注文も可能。そして通し営業なので軽めに食べたい時、小腹の空いた時などにもとっても便利ですね。

さて、肝心のお味はと言いますと、100%フランス産の牛肉の上にスモークチェダーチーズ、スモークベーコン、赤タマネギ、ピクルス、そしてご自慢のバーベキューソース、素材だけで間違いのない美味しさですが、まずは、絶妙な焼き加減(基本ミディアムです)の柔らかくてジューシーなお肉に感激!ご覧の通りの厚みなのでちょっと躊躇しますが、そして、フランス人はフォークとナイフで器用に切って食べていましたが、それぞれの素材が口の中で混じり合ってこそのハンバーガー、手が汚れても是非とも大きな口で頬張ってください!パンをぎゅっと上と下から押さえて少し潰すと食べやすくなります(笑)

友人のシーザーサラダも少し味見させていただきましたが、付け合わせのトーストがガーリックトーストで、サラダはもちろんですがこのトーストの美味しさとボリュームにちょっと驚きました^^

今度はソウルフードらしいアメリカンBBQをもっとお腹が空いている時に試してみたいです!

ではでは、寒い冬の腹ごしらえに、ハンバーガーをBon appétit !

Frog Hop House
10 Rue des Capucines, 75002 Paris
営業時間:毎日12時〜午前2時、週末の12時〜15時半はブランチも
http://www.frogpubs.com/fr/pub-frog-hop-house-paris-9.php

最寄りのアパルトマンはこちら

Opera-Jardin (オペラジャルダン)
http://www.kurasutabi.net/appartement/opera_jardin/
Opera3 (オペラ3)
http://www.kurasutabi.net/appartement/opera_3/
Opera4 (オペラ4)
http://www.kurasutabi.net/appartement/opera_4/
Marche St-Honore (マルシェサントノレ)
http://www.kurasutabi.net/appartement/marche_sthonore/