コンシェルジュ・サービス

フーケッツで贅沢朝ごはん


住んでいると意外に行かないシャンゼリゼ通り。

観光で来られる方も、一回行けば十分、、、という方も多いのでは?と思うのですが、クリスマス時期は例外。イルミネーションは毎年気になるのでもう一度シャンゼリゼという方も多いのではないでしょうか?

というわけで皆さまに写真をお届けしたかったのですが、あいにく夜に行く機会は今後もなさそうなので、昼間のクリスマス仕様のシャンゼリゼをご紹介します。

シャンゼリゼと言えばここ!の老舗カフェレストラン「Fouquet’s(フーケッツ)」。

petit-dej-f-3-002

エントランスの上に大きなリボンが飾られ、ここで過ごす時間が自分へのちょっとしたプレゼント!と思い、久々のシャンゼリゼ、昼に来てももちろんイリュミネーションは堪能できないので、シャンゼリゼならではのリッチな朝ご飯を堪能してみました!

実は、ちょっと優雅なカフェでも、、、と思い高いのを承知で入ったのではありますが、メニューに目を通すとカフェのお値段がなんと8ユーロ!覚悟していたのでエスプレッソで5ユーロ程度でしたので、目玉が飛び出てしまいました!(この値段で普通のカフェではカフェ&タルティーヌ&オレンジジュースなどがいただけます)。

ううん、、、と悩んでいたら目に留まったのが18ユーロのモーニングセット。内容は、温かいドリンクはダブル・カフェか紅茶か、ショコラの中から、冷たいのはグレープフルーツかオレンジジュース。そして3種のミニヴィエノワズリーにプチパン2種。さらにイチゴやマーマレードなどの4種のジャムに蜂蜜が付いてくるという豪華さです。

petit-dej-f-1-002

どうせなら思いっきりふんぱつしようと思い、ちょっと早い自分へのプレゼント、2000円近くの朝ご飯です(笑)。

普通のカフェの(お値段半分くらいの)ちょっと豪華な朝ご飯でもコンフィチュールは付いてきますが、1種だけのところが多く、さすが!とテンションが上がります。ちょっとずつ色んな味が試せるというのは女性心をくすぐりますよね?そしてバターもお馴染みの「President」ではなく(これでも十分美味しいですが)、以前知り合いのパン屋さんが絶賛していた「Echiré(エシレ)のもの。

いつもは体型を気にして、バターのみ薄めに塗って我慢していますが、今回ばかりは、「エシレだし、フーケッツだし!」とパターも厚塗り、さらにその上にコンフィチュールまたは蜂蜜!という「太るけど幸せ〜」な朝ご飯を満喫いたしました。

もちろん全種試しましたが、黄金コンビは「マーマレード&バター」「蜂蜜&バター」でした♩

petit-dej-f-1-1-002

平日の朝十時過ぎとあって店内は静か。黒と赤がベースのシックな店内にはビジネスモーニングのような素敵な紳士や、ご近所?のマダムがちらほら。奥のレストランスペースはまだオープンしていなかったので、遠慮なく、クリスマス仕様の店内をパチリとさせていただきました。随分前にランチを取ったきりですが、お料理もとても美味でした^^

クリスマスと言えば赤!赤と黒がテーマカラーのフーケッツで、素敵な一時をお過ごしください!

Fouquet’s
99 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris

https://www.hotelsbarriere.com/fr/paris/hotel-fouquets/restaurants-et-bars.html