コンシェルジュ・サービス

アンリ・カルティエ=ブレッソン写真展


20世紀最高の写真家の一人と称されるフランス人写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン。ライカを手にとり、天才的な構図で世界を、人を独自の写真美学で撮ったブレッソンの待望の回顧展です。時代によって、カメラを向ける相手は様々。作品はテーマごとに展示ていますが、こんなブレッソンも!と驚くテーマも。

没後十年にあたる今回の回顧展では、計500点以上の写真、デッサン、絵、映画、書籍などを通して、彼が生きた20世紀、彼がみた20世紀を振り返ります。世界的に有名な作品はもちろんのこと、未発表作品や彼自身がアシスタント及びエキストラとして参加したジャン・ルノワールの映画の抜粋まであり、ブレッソンファンでなくても、十分見ごたえがあります。

大変人気がありますので、長蛇の列が予想されます。事前購入しておけば、美術館に入る列はプライオリティーの列にいけますので少し早めに入館可能。中に入っても最上階のガラス張りの廊下での待ちとなりますが、こちらはパリの町並みが一望できる素敵な場所。気長に、多めに時間をとってブレッソンの世界を堪能してください。天気が良い日は鑑賞後に外のテラスでお茶するのも素敵ですね。

Henri Cartier-Bresson

開催期間:2月12日~6月9日
開館時間:11時~23時 (火曜日閉館)
開催場所:Centre Pompidou 、Galerie 2
入場料:13€

詳細情報は下記のサイトで

http://www.centrepompidou.fr/cpv/ressource.action?param.id=FR_R-8528b4338f3fde2beee8388769730d1&param.idSource=FR_E-8528b4338f3fde2beee8388769730d1