コンシェルジュ・サービス

パリでヴァーチャル・リアリティ体験!


まだまだ夏日が続くパリからこんにちは!

連休の多い5月でしたが好天に恵まれ、海でも山でも、そしてパリ居残り組も、カフェのテラスで十分に太陽を満喫することができ、一足早いバカンス気分を味わうことができました。

とはいえ、基本的にクーラーがないパリで30度近くまで気温が上がる日が続くと、ちょっと涼しい屋内での遊びを探してしまったりもします。

というわけで行ってみたのがMK2 Bibliothèque併設されているヴァーチャル・リアリティ体験スペース「MK2 VR」。

子供向けかな?と思っていたのですが、横を通るたびに見えるのは、大人の姿、勇気を出して入ってみました!

13e VR - 3 (002)

すぐできるかと思いきや、予約必須とのこと。
事前に下記のサイトからインターネットで予約します。
空いていれば当日予約も可能ですが、現地に出向いて、空きを確認して数分後、数時間後と予約する形になります。英語OKです。

料金は20分コースが12ユーロ、50分コースが24ユーロ。

私たちは20分コースを選択。
一つが3分〜5分なので、3〜4種類できるとのことでしたが、ここはフランス、20分きっかり測っているわけではないので、ちょっと時間オーバーして25分くらいしちゃいましたが、次の予約がなかったのか?そのまま続けていても何も言われなさそうな感じでした。
もう一つやればよかった(笑)

さて、私が、何故かエイリアンからスタート。

最初でしたのでイマイチ遊び方がわからないまま、人間を襲っていたのですが、視聴覚のみながら、結構リアルで、ぐにゃっとした人を食べる?殺す触感のようなものをリアルに身体で感じ、気持ち悪くなりました。

13e VR - 1 (002)

これから始めるべきではありませんでしたね(苦笑)。

その後お口直し?に勧められた、世界旅行は、その場にいるような錯覚に陥ると言うスタンダードなものですが、映像が美しくてうっとりしました。

360度映像なので頭を少し動かすくらい(途中で教えてもらうまではじっと前だけ見ていたのですが)。

次は、目玉商品?の飛行機にチャレンジ。

写真のように大掛かりな装置で、手と頭を動かして操縦します。
鈍い私は全く使いこなせず、速攻ビルに突っ込んでクラッシュして、再起動してもらう始末。
その後は安全運転で、障害物のないセントラルパークの上を優雅に飛んでいましたが、友人は使いこなして、ビルの合間をスリリングに飛行していたようです。

お次は、パリの空を飛ぶ鳥体験。今のパリかと思いきや、廃墟の中に木々が茂った近未来のパリで、人はおらず、動物たちが自由に走り回っているという、ちょっとシュールな設定です。

第三次世界大戦後とかの感じでしょうか?美しくてもの悲しいパリの上空をちょっと切ない気持ちになりながら飛びました。

これは頭を動かすだけでOK。

最後は、深海体験。

13e VR - 2 (002)

カゴの中に入ってどんどん沈んでいくというもので、深海の美しい生物にうっとりしていたら、突如鮫に襲われそうになりびっくり!というもの。
特に自分ですることはなく楽チンなので、これくらいから始めた方が良いのかもしれませんね。

映像ですが、基本はコンピューターグラフィックスで、世界旅行のみ実写映像。飛行機以外は目と耳を覆うヘッドホンをつけての体験となります。

他には、スターウォーズ、攻殻機動隊、そして戦ったりするゲームが数台あるほか、カヌー、ロッククライミングなどもありヴァーチャル・スポーツ体験も可能。
大人も子供も、ゲームファン、SFなどの映画ファン、旅行好き、スポーツ好きなど、誰もが楽しめるようなコンテンツを用意しているようです。

50分コースにすればほぼ全部制覇できるそうですが、私は20分で結構頭がクラクラしてきたので、TVゲームや3Dなどヴァーチャルな世界に慣れてない人は20分から始めることをお勧めします。

左横にはバー&クラブ、右横にはMK2のシネマコンプレックス。

そしてその前の広場にはフードトラックが集まるという、雨の日も暑い日も1日楽しめるお勧めスポットです。ちょっと変わったパリの遊びを楽しんでください!

住所:mk2 Bibliothèque
160 avenue de France 75013 Paris

営業時間:月〜金 17時〜22時、土 11時〜22時、日 11時〜20時
最寄り駅:Bibliothèque François Mitterrand(14番線)
http://mk2vr.com/