コンシェルジュ・サービス

パリの朝ごはん その5〜インターナショナル編〜


さて冬のソルドの値引きも最終段階となり、1月も終盤に差し掛かりました。
暖冬かと思っていたらここに来てめっきり寒くなったパリ、冬ものが今更ながらですが結構売れているのではないでしょうか。

そんな寒いパリですが、今朝は晴天!
パンテオン近くのとあるブティックに用があったのでしっかり着込んで白い息を吐きながら歩いて行きましたが、セール中というのになんと開店は10時半から。
パンテオン前からリュクサンブール公園に下る大通りには、MajeやSandroなどパリジェンヌに人気のブティックが数軒ありますが、混んでいることは滅多になく、見事な景観を楽しみながらゆったりまったりとショッピングが出来、穴場と言えば穴場ですが商売っ気があまりないのも少し困りますね。

そんなわけで開店までの半時間、せっかくなのでパンテオンを眺めながらゆっくり朝食を取ることに。

そこで目についたのが、多分最近オープンしたであろうレストラン&カフェの「La Crêpeire」。

5e la creperie - 3 (002)

以前はここに別のクレープリーがありました。
以前よりも明るくて可愛らしい店内では、朝から晩まで時間を問わずクレープやガレットが楽しめ、カフェ利用ももちろんOK!

朝食メニューはと言いますと、「Breton」というクレープリーならではの、バターと砂糖だけのシンプルなクレープにオレンジジュースと温かい飲み物がついたセットがありましたが、お腹が空いていたので一番ボリュームのある、「International」を注文。

5e la creperie - 2 (002)

こちらはお好みの温かい飲み物、クロワッサン、タルティーヌ、オムレツか目玉焼き、そしてオレンジジュースのセットとなっています。
店の実力を試そうと、目玉焼きより当たり外れの出るオムレツを試してみましたが、さすがクレープ屋さん。オムレツと言うよりか、薄焼き卵を半分に折ったようなクレープスタイルの卵焼きがやってきました。
ふわふわオムレツを期待していたので一見ちょっとがっかりしましたが、優しいお味で結構いけました!

他には、「Parisien」という名のクロワッサン、オレンジジュース、温かい飲み物のセットも。
フランス人は「簡単かつ甘い朝食派」が多数なので、卵料理もついた、クロワッサン&タルティーヌの甘辛混合のがっつり朝食がインターナショナル=観光客向けということでしょうか?

横では、朝からハンバーグ入りのガレットをしっかり食べていた強者マドモワゼルも。場所がら、そして食べているものから判断して観光客かと思われましたが、小腹が空い午前中や夕方などに便利なお店ですよね!

5e la creperie - 1 (002)

今回はパンテオンを正面に眺めたかったので、窓際のサンルーム席を選びましたが、隙間から冷たい風がスースー、、、。次回はもっと暖かくなってから、「Breton」を試しに来てみます!

La Crêperie
12 rue Soufflot
75005 Paris

こ最寄りアパルトマンはこちら
ムフタール
http://www.kurasutabi.net/appartement/mouffetard/