コンシェルジュ・サービス

アペリティフ(Apéritif)のすすめ


apero 1

日も長くなりテラスで一杯が楽しい時期になってきました!フランス人が大好きな習慣、なくてはならないひと時がこちら、Apéritif(アペリティフ、通称アペロ) 。

元々は食事前に食欲を増進させる、出席者をリラックスさせ会話が弾むような雰囲気を作るために飲む食前酒のことをさしますが、日常的には、会社帰りや夕食前に友達や同僚と軽く飲む習慣を「アペロ」と呼び、「アペロどう?」という感じで誘ったり誘われたり。仕事とプライベートをきっちりわけ、家族との時間を大切にするフランス人、仕事後につきあいでの同僚との飲み会はほとんどありませんが、気が合う同僚との帰宅前の軽く一杯、また仕事の延長でのくだけた雰囲気での打合せという感じで「アペロ」は大活躍。友人同士では、食事に招待するのはたいそうだけど、軽くホームパーティーをしたい時に自宅での「アペロ」に招待したりもします。

食事の邪魔にならないようなお酒で、ショートカクテルや、シェリー酒など強めのお酒が適していると言われていますが、カフェなどでは、好きなお酒をグラスで注文すればOK!私は、白ワインやロゼ、ポルトなど、自分の好きなものを選んでいます。せっかくなのでアペロ向けのお酒を試してみたい方はApéritifと書かれたメニューの中からお選びください。

あまり食欲がないけど、夜中お腹空いても嫌だし何かお腹にはいれておきたい…という時は、お酒のあて、生ハムやサラミ、チーズの盛り合わせassiette de charcuterie et fromages(charcuterie=生ハム、サラミ、テリーヌなどの豚肉加工製品とfromages=チーズ)を一皿頼んでみてください。パンが必ずついてきますのでこれだけで結構お腹一杯になります。

軽い食事代わりにもなる、アペロ。カフェやバーなどでは、20時まではHappy Hour としてカクテルなどが半額だったりしますので、テラス席を陣取って、フランス人に混じってステキなアペロをお楽しみください!