コンシェルジュ・サービス

オリエント庭園で一休み


夏後半になり本当の夏が来たパリ!?皆さま、いかがお過ごしですか?パリっ子たちはまだバカンス中の人も多いようで、まだまだ静かなパリですが、今週は37度まで上がるといわれる猛暑!日本のように湿気はないので日陰に入れば汗は引きますが、メトロもバスもそしてカフェもレストランもクーラーなしが基本のパリでは、緊急避暑先を見つけるのが困難ですよね。
クーラーが確実に効いている場所といえば、デパートや美術館ですがせっかくの晴天、パリっ子たちを見習い太陽を満喫したいものです。
さて、そんな時にオススメしたいのが、ジャン・ヌーヴェルの建築で有名なアラブ世界研究所の期間限定オリエント庭園でのティータイム。

Jardins d'orientIMG_2657 (3)

涼を取るための水路の脇に植えられたオレンジの木や美しい薔薇を堪能した後は木陰でまったりティータイム。ミントティーやアラブ菓子はもちろんのこと、暑い日にもってこい!の砂糖なしのさっぱり自家製レモナード、メロンや柑橘類などのフルーツサラダ、アイスクリーム各種の他、パリの普通の公園のキオスクでは見られないピタパンサンドなどもあり、なかなか食欲をそそられます。

Jardins d'orientIMG_2650 (3)

ゆったりとした屋根付きのカフェスペースにはデッキチェアタイプの椅子とテーブルが配置されていて、リゾート気分で一休みするには最適です。時間が許せばここで読書をしつつお昼寝に以降したい位の快適さ。

メインの展示の方は、バビロンの空中庭園などの古代の庭園からアルハンブラ宮殿、タージマハル、そして現代に至るまでのオリエント庭園の変換がわかり見応え十分。

Jardins d'orientIMG_2645 (3)

1階と2階の展示会場では、幻の空中庭園のデッサンや写真、映像、そして庭園を彩る様々なオブジェ、模型などが展示されていて、アラビアンナイトの世界に思いを馳せながら、オリエント世界の壮大で美しい庭園にうっとり。こちらはもちろんクーラー付き^ですので最初にこちらで体を一旦クールダウンさせてから、庭園に出るのがベストかもしれませんね。

Jardins d’Orient 〜De l’Alhambra au Taj Mahal〜
開催期間:2016年4月19日〜9月25日
開館時間:火〜金 10時〜18時、土日祝日10時〜19時
Institut du Monde Arabe
1, rue des Fossés-Saint-Bernard
75005 Paris 5

最寄りアパルトマンはこちら:
http://www.kurasutabi.net/appartement/mouffetard/