コンシェルジュ・サービス

ガレット・デ・ロワ食べ比べ


ガレット・デ・ロワ - 1 (1)

ガレット・デ・ロワ - 1

先週水曜日より冬のソルドも始まり、賑わいを見せているパリですが、ソルド以外の年始の行事といえば、1月6日の公現祭(又は1月の第一日曜日とも言われています)に食べるガレット・デ・ロワ(la galette des Rois)!

行事というには大げさかもしれませんが、年明けから一斉にブーランジュリーやパティスリーのショーウィンドーにガレット・デ・ロワが並び始めます。公現祭に食べるかどうかは別として、この時期大人数で集まる機会があればガレットを切り分けて、中のフェーブ(陶器で出来た小さな人形)獲得を目指すというのが恒例です。最年少の人がテーブルの下に隠れ、切り分けられたガレットをあげる人を順に指名していきます。フェーブが当たった人は王冠をかぶり(二人以上のサイズのガレットを買うと紙の王冠がもらえます)、祝福され、幸福は一年続くという縁起物です。
最近は日本に進出しているフランスのパン屋さんのおかげか、それともフランスで修行してきたパン職人のおかげなのか、ガレット・デ・ロワは日本でも浸透してきているみたいですね。日本人のアンテナの高さには毎回驚きです! でも、やはりこの時期パリに来たら本場の物をお試しください!

基本のガレットの中身はアーモンドクリームのフランジパン。パティスリーですと、普通に作るのは面白くないのか、パティシエさんたちが、マロンクリームだったり、柑橘類のコンフィだったり、レモンクリームだったりと色々凝ったクリームを中に入れていますが、色々試したあげくやっぱり素朴なアーモンドクリーム、基本が一番だということで、今年はブーランジュリーで買っています。
クリームのお味はもちろんですが、個人的にはパイ生地のサクサク加減がポイント。アーモンドクリーム自体が結構濃厚なので、パイまでずっしり重いとかなりヘビーなガレットになってしまうように思います。よって、クロワッサンやミルフィーユのサクサク加減が気に入っているお店のガレットは基本的に満足です!
とはいえ、あくまでも好みによるかと思いますので、一人用のガレットを色々買ってみてお気に入りを見つけてみてください!フェーブを集めたい方は、一人用には基本はいっていないので、二人用以上をご購入ください。フェーブも、シックな今時のパティスリーのものは、モダンでお洒落、近所のパン屋さん的なブーランジェリーのものは、可愛らしい懐かしい感じのものと、お店によって様々。どんなのが出てくるのか、開けて楽しみなガレット・デ・ロワ。公現祭が過ぎても1月一杯は店頭に置いているところが多いので是非お試しください!

ちなみに、2015年度のイル・ドゥ・フランス地方のガレット・デ・ロワ(アーモンドクリーム)コンクールの第一はパリ郊外のお店なのでこちらでの紹介は控えますが、パリでの第1位は同コンクール第5位で、13区にある François Vacavant(117 avenue d’Italie)。2014年度はパリ17区のJocelyn Lohezic(143 rue de Courcelles)となります。どちらも観光地からは外れていますが、興味のある方はぜひ足を運んでください!