コンシェルジュ・サービス

ケ・ブランリー美術館 musée du quai Branly


ちょっと新しい、個性的な美術館に行ってみたい方にお勧めなのが、2006年にパリに開館したケ・ブランリー美術館。
シラク大統領の熱意のもと建設された本美術館は、アフリカ・アジア・オセアニア・南北アメリカの文明、文化、芸術に特化したれっきとした国立美術館なのに知名度は残念ながらいまいち。

確かに、フランスやパリの美術館のイメージとはかけ離れていますが、フランスは旧植民地の関係もあって、多彩な文化、民族が交じり合うメルティングスポット。その分野での研究も進んでいます。そんな日本人にはあまり知られていないフランス、パリの一面を建築物、展示作品から感じることができるとっても楽しい美術館なのです。

まず外観が面白い。設計は、アラブ世界研究所を設計した世界的に有名なジャン・ヌーベル氏。透明のカバーごしに見える近代モダンな建築と、エッフェル塔、ジャングルの融合。個性的でこれだけでも一見の価値ありです。
そう、この場所からは、エッフェル塔も、間近に仰ぐことができ、エッフェル塔と近代建築のコントラストが楽しめる、ちょっと面白い写真が撮れる絶好の撮影スポットなのです!

都会に突如現れたジャングルのような庭園を通り抜けて館内に入ると、入り口付近で、なんと、「言葉の川」が歓迎してくれます。言葉が、柱を伝って、床にどんどん流れてきて、わくわく感が募ります。
中は照明のトーンを落としてあるのでミステリアスな雰囲気。古代から継承される「民族美術」と現代的なハイセンスの融合という感じで感心。

民族芸術に特化しているので、一般受けはあまりしてないようで、基本的に長蛇の列を作らずに入館できるという利点もあるのですが、この美術館、中に入れば緑溢れ・・・(いや、ジャングルに近い?)その緑の合間からエッフェル塔を眺めつつ、ゆったりとお茶、食事もできるという絶好の休憩スポットでもあるというのが一番のお勧めポイントです!河岸にはあまり飲食店がないので、セーヌ川付近散策中に少し疲れたなと思ったら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

カフェ利用だけでももちろんOK。ランチタイム時には、サラダ、タルタルステーキなどの基本のビストロ料理のほかコロニアル調の料理もあり、どれも軽めで味もよし。素朴なデザートも美味。ランチタイム以外でも軽食はOK。ヨーロピアンなパリにちょっと飽きたら、開放的なカフェでちょっとリゾート気分に浸ってみるのはいかがでしょうか?

ケ・ブランリー美術館 musée du quai Branly

37, quai Branly
75007 – Paris
Tél : 01 56 61 70 00

美術館 開館時間 :  火、水、日曜日 11時~19時 / 木、金、土曜日 11時~21時
Le café Branly 営業時間 : 火、水、日曜日 9時半~18時 / 木、金、土曜日 ~20時

メトロ9番線 アルマ・マルソー、イエナ駅
料金:€8.5 毎月第一日曜日は、無料

http://www.quaibranly.fr/