コンシェルジュ・サービス

ドイツ菓子&お惣菜〜Le Stube 〜


le stube carte

le stube hot dog

le stube strudel

le stube vitrine

秋も深まりどっしり重いものが食べたくなる季節になってきました!夏はイタリアンやスペインなど南欧、またはアジアの国のさっぱり軽めのご飯が食べたくなり、秋冬になると中欧〜東欧のお腹にぐっとくるものが欲しくなりませんか?お昼に軽くサンドイッチという気分でもできるだけ温かいものを探してしまう季節になりました。
と言う訳で、前から気になっていたオペラ界隈にあるドイツ料理&菓子のお惣菜屋さん、Le Stubeに行ってきました。

イートインも可能ですが、今日はセジュールスタッフのお昼ご飯の買い出し。と言う訳で、ドイツと言えばソーセージ&酢漬けキャベツということで、シュークルート入りのホットドック「BROOKIN HOT DOG」を注文!普通のブーランジェリーでもホットドッグは定番商品ですが、フランス式はソーセージにチーズ(+ベシャメルソース)で、どっしり濃厚…で個人的にはちょっと残念な感じです。
こちらのホットドッグはクリームも、ホワイトソースもなし。キャベツの酸味と甘み、そしてソーセージのお国の牛肉のソーセージは文句なしの美味しさ。キャベツいっぱいなので、ホットドックと言えど、ちょっとヘルシーな感じで、ジャンクフード感は少なめ=罪悪感も少なめ^^その場で注文してから作ってくれます。

デザートには…、ショーケースには、美味しそうなケーキがずらり。素朴なフルーツタルトがメインですが、チョコレートケーキや、チーズケーキ、そしてモンブランやフォレノワールなどの生クリーム系のスイーツまで揃い、悩んでしましますが…やはり、
ドイツと言えば!のこの林檎のお菓子。大好きでよく買っているのにも関わらず未だにちゃんと発音できないのですが、カタカナで言うとアップル シュトゥルーデル、でしょうか。こちらも林檎のゴロゴロ感、程よい甘さ、シナモンと大満足のお味でした!

ドイツ銘菓として有名ですが、元は隣国オーストリアの銘菓、さらに起源をさかのぼると、十字軍遠征時代のオスマントルコのお菓子がルーツだそうです!
日本のカステラもポルトガルからやってきましたし、お菓子を通して歴史を見るのも面白そうですね^^ では、ボナ・ペティ!

Le Stube
http://www.lestube.fr/
住所: 31, rue de Richelieu 75001 PARIS
営業時間 :月 10時〜15時半、火〜土 10時〜22時