コンシェルジュ・サービス

パリのクリスマス~Noël !~


noel arc 1

noel foret 1

noel marche champs

シャンゼリゼ通りのイルミネーション、クリスマス市も始まり、パリはクリスマス一色になりました。シャンゼリゼ界隈だけでなく、ヴァンドーム広場やモンテーニュ通り、サンジェルマン広場などの観光客が集まる場所はもちろんのこと、それぞれのカルチエのメイン通りも様々なイルミネーションでクリスマス仕様に。冬の寒空でもついつい見惚れて歩いてしまう美しさ。

イルミネーションが美しい通りは、当然ブティックが並ぶ大通り。綺麗にクリスマスデコレーションされたブティックに吸い込まれるように入ってしまいます。しっかり思う壺ですね(笑)

日本では子供のため、又はカップルのための行事になっていますが、こちらでは日本のお正月に匹敵する家族行事。もとより、日本よりも家族の結びつきが強いフランスですが、近年は、以前は恒例とされていた「家族での日曜日の昼食」は、あまりみられなくなりました。それでもクリスマスは健在。家族皆が集まり豪華な食事を取り、プレゼントを交換しあいます。

離婚が多いフランスでは、24日夜は一緒に暮らしているママンの家族と、25日はパパの新しい家族と、と二回別の家庭で祝うことも。プレゼントを両方からもらえて嬉しいという一方、自分があげる側になるとちょっと大変ですね。そう、ここフランスで大変なのはプレゼント選び。子供や甥っ子、姪っ子、義理の家族etc, あげる家族が多いととクリスマス貧乏になってしまいます。そんな時に嬉しいのがミニセール。

フランスのソルドは年に二回。夏と冬、国が決めた期間のみ「ソルド」と名乗っての大売出しができるように決められていますが、実はちょくちょく、「Promotion」、「Braderie」「Vente privée」等の別名でミニセールが行われています。クリスマス前のこの時期、フランス人が一番お金を使う時期に行われるセールも多数。

今年は、「Vente privée」が増えたのでしょうか。こちらはプライベートセールという意味で本来なら顧客リストに登録されている常連の方に招待状を送り特別会場、特別価格で販売するものですが、近年メールでの告知が増え、通常の店舗で営業時間内にこっそり行われている場合も多いようです。そして、厳格に顧客限定ではない場合も往々にあります。先日とあるブティックに入ったととたん、「今プライベートセール中です。赤い○のシールがついているのは30%引きで…」と説明を受けびっくり。ショッピング中に値札に何かシールらしきものが張ってあったら店員に尋ねてみてください。ソルド前で残念!と思ってた方、運がよければ50%引きの商品に出会うこともあります。 賢くクリスマスプレゼントを仕入れてくださいね。