コンシェルジュ・サービス

パリの正月、何をする?


monmartre Métro Abbesses escaliers

クリスマスも終わると、日本はお正月ムード一色!?今年は26日に仕事納めで、長期の正月休みに入るところも多いそうですが、フランスの会社は基本は暦通り。祝日は12月25日と1月1日ですが、有給の多いフランス、20日からクリスマス休暇を取る従業員も多く、一般企業は、実質は12月22日(月)〜1月4日まで動きが年末年始リズムです。日本より長い、さすが観光大国!美術館等の観光施設は上記祝日以外は通常営業でほっとしますが、問題は1月1日。フランス人たちは、大晦日に朝まで飲んで、お正月は昼過ぎからゆっくり起きだし、家でまったり。午後になればちょっと空気を吸いに、散歩または映画(年中無休!)に出かけるというのが一般的なお正月の過ごし方でしょうか?でも、一日もムダに過ごしたくない観光客はし〜んとしたパリで何をすればいいのか?

と言う訳で、映画館以外にオープンしている施設を調べてみました。

◎ アイススケート
アクティブな方はパリで初滑り。
パリ市庁舎(Hôtel de Ville)、シャンゼリゼのクリスマスマーケット、グラン・パレの特設アイススケート場はオープンしています。

◎ シャンゼリゼでのニューイヤー・パレード
華やかなパーレードでお正月気分?
14時から、世界10カ国のファンファーレ部隊、パレード車、サーカス団がシャンゼリゼを練り歩きます。アクセスはコンコルド広場から。18時までシャンゼリゼ通りは封鎖。

◎ 美術館
アート好き、天気が悪い時はこちら。
Musée de l’Orangerie:9時〜18時
Centre Pompidou:11時〜21時
Musée Jaquelart-André:10時〜18時
Espace Dali:10時〜18時

◎ ショッピング
クリスマス前の日曜日は特別オープンしていたデパートやブティックも、残念ながら1日はお休み。どうしてもショッピングがしたい!という方は、下記の二店へ。
le Carrousel du Louvre(ルーブル美術館) :10h-20h
le centre Italie 2(13区の中華街) :10h-21h

そして、個人的なお勧めは、モンマルトルの散歩!高い所に登って、パリの町並みを一望してみてください。冬のすきっとした空気の中、人気の少ないモンマルトルをゆっくり散策するのがパリらしいお正月の過ごし方だと思います。

写真の最寄りメトロ、アベスの階段の絵も素晴らしいので、エスカレーターを使わずに是非徒歩で地上まで!

本年度も、セジュール・ア・パリをご愛顧いただきありがとうございました。

それでは、皆様良い年末年始をお過ごしくださいませ!

Bonnes fêtes de fin d’année !!!