コンシェルジュ・サービス

パリの美味しいイタリアン @ Cucina Mutualité


春まであと少し?

 

かと思いきやまた寒さが戻ってきたからパリからこんにちは。

 

 

 

 

 

 

パリでは美味しいイタリアンは食べられない・・・

 

 

 

そんな話も過去の話になりつつありますが、

 

その辺で見かけたところに適当に入るのはやっぱりNGです。

 

 

 

日本で適当に入ったイタリアンの方がきっと美味しい。そして安い。(はず)

 

 

 

 

というわけで、今回は年中無休で確実に美味しいイタリアンが食べられるお店をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

政治やビジネス関係のイベント・集会がよく開催されるMaison de la Mutualitéに入っているCucina Mutualité。

 

 

 

 

cuccina ext - 1 (1)

 

 

cuccina int - 1 (1)

 

 

 

ポップな店内ながらも場所がらビシッと決めたスーツ姿のお客さんが多く、

 

 

一見敷居が高そうですが、入ってみると予想外に居心地よし、

 

乳幼児連れの親子も見かけるのでランチタイム時なら子連れも大丈夫、

 

 

そして何より美味しい!

 

 

 

ということで最近何度かランチへ行きました。

 

いろいろ試した中でのオススメをご紹介いたします。

 

 

まずは、是非お試しいただきたいのがお鍋に入ったままサービスされるパスタ!

 

 

 

cuccina pates fromages - 1 (1)

 

 

まずこのサービスの仕方が素晴らしい!

 

テンションがぐぐっと上がります!

 

 

 

パスタは熱々で食べるのが一番ですが、すぐに冷めてしまいますよね。

 

 

ましては話に花を咲かせすぎてうどんでもラーメンでものびのびで食べてしまうフランス人・・・

 

 

 

 

これにイタリア人シェフが怒ったかどうかは知りませんが、

 

 

熱々の蓋つきお鍋の中でパスタは温かさをキープ。

 

 

そしてシェアもしやすい。

 

 

小食の二人なら2人前、食いしん坊ならペロリと完食できる1•5人前くらいの分量です。

 
パスタは五種あって、オススメ順に挙げると、

 

 

牛頰肉の煮込みのパッチェリ「Paccheri alla quancia di manzo」、

 

黒胡椒とチーズのブカティーニ「Bucatini cacio e pepe」、

 

ボンゴレ(ビアンコ)リングイネ「Linguine alle vongole」、

 

アーティチョークとグアンチャーレ(豚頰肉の塩漬け)のスパゲッティ「Spaghetti, guanciale e carciofi alla Romana」、

 

そしてまだ試してないツナとトマトのカサレッチェ「Casarecce ai ragu di tonno」。

 

 

 

cuccina pasta boeuf - 1 (1)
牛頰肉の煮込みソースは私の頬までとろけてしまう美味しさ!

 

 

濃厚なソースととろけるお肉にうっとりしながら、次回はシェアではなく一人で注文と心に決めました。

 
チーズ好きにはたまらないであろうチーズ&黒胡椒のみのブカティーニ。

 

 

シンプル極まりないのになぜこんなに美味しいのか?素材の違いでしょうか。

 

濃厚なチーズはもちろんのこと香り高い黒胡椒。

 

きっと特別なものを使っているのでしょうね。黒胡椒に感動したのは初めてです。

 

 

ボンゴレは安定の美味しさ、アーティチョークとグアンチャーレは私には少し塩気が強かったのですが、

 

 

結論としては、すべて美味!茹で加減ももちろん完璧なアルデンテ。

 

 

次回は唯一のトマト系カサレッチェも試してみたいです。

 

 

 

そして毎回頼むのがエスカロップ・ミラネーゼ「Orecchia di cremosa」。

 

 

cuccina escalope - 1 (1)

 

 

 

 

レモンソースをかけてさっぱりいただきます。

 

象の耳の意味ですがその名の通りの大きさにびっくり!

 

しますがとっても薄いので、大人二人ならこれとパスタ一品、

 

野菜不足なら季節の野菜「Verdure di stagione」(これも美味!)をシェアすれば完璧です。

 

 

 

食いしん坊にはチーズたっぷりの濃厚なポレンタ「Polenta cremosa」もオススメです。

 

 

 

本当は肉料理・魚料理の付け合わせな用なのでしょうが単品で注文可能です。

 
そしてPizetteとされているピザも三種あります。

 

 

 

cuccina foccacia - 1 (1)

 

 

マルゲリータとナポリとチーズ・フォカッチャ。

 

初チャレンジしたチーズ・フォカッチャは、フォカッチャの名ですがご覧の通りの超薄焼きピザ!

 

パルメザンに黒胡椒とシンプルなのですが、これが絶品でした!

 

本当に薄いのでパスタとエスカロップをシェアしつつパクパクいけてしまいました。

 

濃厚なチーズにピリリとアクセントの黒胡椒、オリーブオイルをたらり。

 

 

これは癖になりそうです。やっぱりこれも黒胡椒がいい仕事をしていました。
隣のマダムはこのチーズ・フォカッチャに前菜の盛り合わせを注文されていたので、軽めランチにもいいですね。
そして最後になってしまいましたが、席に着くとサービスされる

 

 

モルタデッラ(太っ腹!)とフォカッチャとグリッシーニ。

 

cuccina motadera - 1 (1)

 

 

 

これだけでもう嬉しくなってしまいますが、続きはさらに大満足なのでフォカッチャの食べ過ぎに注意です!
モッツアレラやブラータ、アンティパスティの盛り合わせ、肉料理、魚料理もありますのでそれはまたの機会に!

 

 

 

では、Bon appétit !
Cucina Mutualité
Maison de la Mutualité 20 rue Saint-Victor,
75005 Paris
営業日時:12時〜14時、19時〜22時(無休)
https://www.cucina-mutualite.com/

春まであと少し?   かと思いきやまた寒さが戻ってきたからパリからこんにちは。             パリでは美味しいイタリアンは食べられない・・・ […]