コンシェルジュ・サービス

平和と共存を願うハンバーガー屋さん 〜L’ABC〜


今週に入って気温もぐっと下がり、冬の到来です。寒くなるとお腹にぐっとくるものが食べたくなるということで、久々にハンバーガーを求めて、植物園のメトロJussieu側の入り口近くにある小さなハンバーガーとクロックムッシューのお店へ。

パリ第7大学すぐ近くということもあり、お昼時には学生たちで賑わう界隈で、ファーストフード店がたくさんありますが、正直、そそられないお店ばっかりで未開拓地域でした。今回ご紹介するお店は、他店とは一線を画したシックな外見と個性的なメニューに惹かれて入店し、お味はもちろんのこと、店員さんの感じの良さも気に入って今月既に2回目の来店です!

L'ABC ext

私たちが試したのは、一回目はモッツァレラ、エマンタール、チェダーのクロックムッシュー「L’Original」 、チェーダーとトマト、レタス、玉ねぎ、ピクルスにフレンチマスタードとケチャップ味のハンバーガー「Le Beta」のランチセット。どちらも一番上に書いてある、一番スタンダードなメニュー。ランチセットにするとボリュームたっぷりのポテトとドリンクがついてきます。

L'ABC beta

クロックムッシューの方は、変わっていたので「へ〜」という感じでしたが、あえてもう一度!という感動はなく(すみません!)、二回目の今日は、2人ともハンバーガーを注文。ポテトの量がすごいので今回も一つは単品で。「L’Intelligent」はバーベキューソースに、玉ねぎのコンフィ、Tomme de Savoieチーズ、レタスにトマト。肉の焼き加減は今回もバッチリのミディアムレアで肉汁がしたたり、ちょっと手がすごいことになりましたが、66歳の母も大満足の美味しさ!「こんなの食べれない〜」と言いながらしっかり完食!お野菜もたっぷりなので「意外にヘルシーかも?」とも。私はちょっとあっさりめにチキンバーガーの「Le je m’en foutiste」。カレー&マンゴソースで後は同じ。マンゴの甘みとジューシーなチキンの組み合わせが素晴らしく、こちらもナイスチョイス!と自分を褒めてしまいました。
バンズもナチュラル、ゴマ、ケシノミ、オニオン、チェーダーの中から選べるのが嬉しいところ。

今日は、隣の体格のいい3人のお兄さんたちが食べていたオレオチーズケーキがあまりにも美味しそうだったので満腹だったのにも変わらず注文。とっても甘いですが、オレオクッキーの苦みとのバランスが絶妙で、後悔なし&あっという間に完食の美味しさ!太るけれども、外に出れば目の前は広大な植物園。1時間も歩けばカロリー消費するでしょう〜ということで(笑)よしとしました。テイクアウトも可なので、お天気がよければ植物園のベンチで食べても気持ち良さそうですね。

そして、今回何もよりも感動したのは、入り口の扉の上にさりげなく書かれている、「Coexsitence」の言葉。前回は気づかなかったのですが、店の壁に著名人の名言が書いてあったりと、オーナーのセンスと人柄が感じられ、落ち着ける店内、そして、先日の悲しい事件の後だからこそ、いつも以上に心に染入る「共存」という言葉。この言葉のティポグラフィー(デザインと言うべきか?)にもじ〜んとくるので是非、来店の際は探してみてくださいね。

L'abc coexistence

L’A.B.C 〜L’Atelier du Burger et du Croque Monsieur〜
11, Rue Linne 75005 Paris – Tel 01 43 36 20 18

月-水:11時半〜15時
木-金:11時半〜15時、19時〜22時
土:11時半〜15時、19時〜22時
日定休

http://www.latelierduburgeretducroquemonsieur.com/