コンシェルジュ・サービス

日曜日のショパン@リュクサンブール公園


luxembourg 1

luxembourg concert

luxembourg entree

以前にも何度か書きましたが、天気のいいパリの日曜日のパリッ子のお出かけスポットNo.1は公園。最近は気温も23〜6度と、とっても過ごしやすい日が続いていますが、そんなパリの週末の公園は地元民と観光客が入り乱れての満員御礼!とは言え、こちら五区のリュクサンブールはチュイルリー公園よりもイスが見つけやすく、イスを探してうろうろし、見つからずに結局カフェに…なんてことはまずありません。

そしてパンテオンのふもと側から入ってすぐにあるキオスクでは、無料のコンサートが頻繁に開催されていて、日向ぼっこや読書をしながら美しい音色に耳を傾けることができるという何とも優雅で贅沢な公園なのです。
今の時期なら、ショパンのピアノ曲のコンサートが7月19日まで、毎週日曜日の17時から開催されています。ポーランドのワルシャワから招いたピアニストたちによる演奏で、写真の通り、大人から子供まで、クラッシックファンなら演奏前からイスをちゃんとセッティングし、特等席でじっくり鑑賞、知らずに立ち寄った観光客たちは美しい音色に足をとめ、聴き入っていました。

観光の合間の一休みや、美味しいサンドイッチを買ってのピクニックなど、気軽に、一度は立ち寄っていただきたいリュクサンブール公園ですが、これから夏に向けて様々なコンサートやイベントが開催予定。
写真のキオスクでは、日曜日のショパン以外にもジャズやオーケストラ演奏など、多彩なプログラムが予定されていますので、(6月のプログラムは下記のサイトから)それを目がけていくのも良いかもしれませんね。私は知らずに行きましたが、いつも以上に優雅な午後を過ごせ、大満足の優雅な日曜日になりました!
http://www.senat.fr/fileadmin/Fichiers/Images/evenementiel/kiosque/programme_juin.pdf

また、今月21日は恒例の音楽祭Fête de la musique。今年は同キオスクでは、14時〜15時15分、Trio Charpak(シューベルトとベートーベンのピアノ曲)、15時30分〜16時45分、Wellington Brasse Band、そしてなんと17時〜19時は、日本人のコーラスグループによるコンサートも!エディット・ピアフやジュリエット・グレコなどのシャンソンの名曲を日本語で歌うそうです。フランス人の反応が気になりますね^^

ちょっとわかりにくいですが、パリ市内のプログラムはこちらから。
http://fetedelamusique.culturecommunication.gouv.fr/Programme?search%5Bwhat%5D=paris

ズームして、行きたい地区をクリックしてみてください。