コンシェルジュ・サービス

850周年を迎えるパリのノートルダム寺院


エッフェル塔と並ぶパリのシンボル、ノートルダム大聖堂が850周年を迎えました!記念イベントの一環として大聖堂前の広場に観客席のようなものができています。
「ノートルダム大聖堂850周年記念」と書かれた大きな門をくぐって進んでいくと、大聖堂の真正面に向かい合う形で観覧席が設置されいます。いつも見上げるだけの大聖堂がいつもより高い場所から、席に座ってじっくり干渉できます。天気のいい日には大聖堂を眺めながらここでサンドイッチをほおばるのもいいかもしれません。

世界的にゴシック建築を代表する建物であり、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂である
ノートルダム寺院は、司教モーリス・ド・シュリーにより1163年に建設が着工されました。これを記念して、昨年末から11月24日まで、期間中多くのフェスティバル、セレモニー、感謝の祈りや文化事業などが予定されています。

大規模な企画のひとつとして、北の塔の新しい鐘8つと南の塔に大釣鐘1つが制作、設置され、3月末からは、18世紀末にあった鐘の音のある風景が蘇えっています。パイプオルガンも修復されたそうです。

850歳の誕生日に新しく生まれ変わったノートルダム寺院をいつもと違った角度からご堪能ください。

●イベント開催期間/ 2013年 11月 24日まで
●開催場所/Hôtel de Ville(パリ市庁舎) Salle St-Jean
●住所/6, parvis Notre-Dame – Place Jean-Paul II 75004 Paris
●入場時間/大聖堂内 8:00~18:45(土・日 ~19:15)、塔 10:00~18:30(4~9月※ 7.8月の金・土は~23:00) , 10:00~17:30(10~3月) ※ 塔への最終入場は閉館時間45分前
●最寄りメトロ/「Cite」4番線
●入場料/大聖堂内 無料、塔 8.5€

ノートルダム寺院850周年記念サイト
http://www.notredamedeparis2013.com/en/

セジュール・ア・パリよりお知らせ

BS日本テレビ 7月19日 20:00~20:54 「パリで逢いましょう」にセジュール・ア・パリが登場します!
スタッフのマークがアパルトマン・フォーブールサントノレをご紹介する予定です。どうぞお楽しみに♪