コンシェルジュ・サービス

カヌレ専門店〜Aux deux Canelés〜


新緑がとっても美しいパリからこんにちは!

先週からは30度近くまで気温が上がる日もあり、初夏を通り越してもう夏真っ盛りと思っていたら今週に入って少しクールダウン。

とはいえ連日23度位で毎日晴天が続き、本当に気持ちのいい季節になりました。

さて、そんな夏日のランチ後に立ち寄ったのがこちら、前から気になっていたカヌレ専門店「Aux deux Canelés」。

aux deux canneles ext - 1 (002)

世界一周旅行中に南米で出会った二人のオードさんが立ち上げたという当店。

何ともポップで可愛らしく、若い女性客でいっぱいかと思いきや、平日の15時前、お客様は老夫婦とパパ&プチパリジェンヌでした。
ママンへのお土産ですかね?

aux deux canneles int - 1 (002)

さて、厳選された地元の新鮮な素材を使って、保存料、添加物無しで毎日地下のキッチンで手作りされているこちらのカヌレ。

ケーキと同じで、きればその日のうちに食べて欲しいとのこと。

そう、通常のシンプルなカヌレは日持ちしますが、こちらはご覧の通りのクリームやチョコレートなどのトッピングがあるのでよっぽど暑くない限りは常温日陰保存でその日のうちがベストだそうです。

aux deux canneles vitrine ext - 1 (002)

目にも美しいデザートカヌレ(sucréとお惣菜カヌレ(salé)が6種ずつ、可愛らしく並んでいます。

初めて見るお惣菜カヌレにとっても惹かれたのですが、今回は翌日の友人宅訪問時のお土産を買いに行ったので、翌日でもまだ大丈夫というデザートカヌレを6種購入することにしました。

常に新商品が考案されているようですが、この日のラインナップは、レモンタルト、タルトタタン、チョコレート&ナッツ、塩バターキャラメル、プラリネクリーム、とキウイのムース。

aux deux canneles boite - 1 (002)

残念ながらキウイは売り切れでしたので、プレーンを加えた、6個18ユーロの詰め合わせをお土産用と自分用に2箱購入しました。
組み合わせは自由なので、好きなものを6つ、惣菜とデザートを半々なども可能です。

さて、お味の方ですが、まずはベースのカヌレがとっても美味しい!

外はパリっと中はもっちりの食感が素晴らしく、お味もバニラビーンズもたっぷり効いていてプレーンだけでまず大満足。

組み合わせとしては、塩バターキャラメル&カヌレが一番気にいりましたが、チョコレートやプラリネなど、どの組み合わせも新鮮な驚きでした。

カヌレは素朴な食感と味が好きで、よくパン屋さんで買って小腹が空いた時に手でパクッと食べていましたが、こちらのは立派なパティスリー。

綺麗なお皿に盛って、お茶と一緒にゆっくり堪能したいなと思いました。
小ぶりなので2〜3個いけますし、少しずつ色々試せるので、お土産に喜ばれることは間違いないでしょう!

aux deux canneles vitrine int - 1 (002)

また、今回買えなかった惣菜カヌレの方は、サーモン、シェーブル&トマト、キャロット&玉ねぎ、チキン、ガーリックスイートポテト、ビール風味チキン。

アペリティフのおつまみに最適ですね。一体どんなお味なんでしょうね?全く想像がつきません。

また試してリポートいたしますね。店内と軒先にイートインスペースもあったので、ショッピングや町歩きの休憩時にちょっと立ち寄ってみるのも良さそうですね。

ではBon Cannelé !!!

Aux deux canelés
72 rue de la Verrerie, 75004 Paris
最寄駅 : M° Hôtel de Ville/ Châtelet
火~日 12h-19h30