コンシェルジュ・サービス

Brunch ! ブランチのすすめ


最近は日曜日や祝日でも開いているブティックやレストランも増えてきたパリ。以前は中心地のチェーン店しか開いてなかったりもしましたが、最近は個人経営のレストランやカフェも頑張っています!

週末のパリジャンの朝はゆっくり。マルシェに買い出しに行ってその帰りに、または、友達と待ち合わせて…と、そんな彼らのニーズに答えるべく週末の昼はブランチメニュー限定で営業しているレストランなども増えてきました。朝食(フランス人は甘いもの好き)と昼食を一緒に取るのがブランチのコンセプトですが、その充実ぶりにはびっくり。

ブランチの定番は、Sucré(シュクレ) & Salé(サレ)。クロワッサンやパン・オ・ショコラ、バゲットを半分に切って焼いたものにバターやハチミツ、自家製ジャムなどをつけて食べるタルティーヌがはいった籠に、オレンジジュース、温かい飲み物、フルーツなどのSucré(甘いもの)から始まり、次はSalé(塩気のもの)へ。こちらは店によって様々で、卵料理やハム、チーズ、スモークサーモンなどにサラダがついた軽めのものから、写真のようなタルティーヌサレの他、ベーグル、ハンバーガー、パスタなど、ボリュームたっぷりの一品から選べるお店も。もちろんデザートもしっかりついています。

食事が充実した週末のカフェやサロン・ド・テ、レストランなどは、11時~16時頃までブランチ目当ての客で賑わっています。
かなりのボリュームなのでしっかりお腹を空かせて、長居を決め込んで、ゆっくりと優雅に週末の朝を迎えてみてはいかがですか?

いろいろお勧めのカフェやレストランはありますが、一つを選ぶのは大変なので、セジュールアパリからのお勧めはパリの中心地に数店舗あり、便利な「Le pain quotidien」。

ブランチの先駆け?のこちらのお店は平日でも12時まで、週末は17時までブランチが楽しめます。全てオーガニックで、数種類の自家製ジャムとハチミツなどとともにサービスされるのも嬉しい、パリジェンヌに人気、定番のお店です。
http://www.lepainquotidien.fr/