コンシェルジュ・サービス

パリからプチ旅行〜北駅でブランチ〜


桜が開花寸前のパリからこんにちは!

話は前後してしまいますが、今回のブリュッセル行きに使ったのはタリスというフランス、ベルギー、オランダ、ドイツを繋ぐ国際高速列車。
パリは北駅からの発着です。

北駅と言えば、ロンドン行きのユーロスターの発着駅でもあり、パリからのプチ外国旅行で利用する機会の多い駅です。

今回は久々のタリス、また近年のテロの影響で国際線のセキュリティチェックが厳しくなっていると聞いたので、最低1時間前到着を目指してやってきましたが、係員に聞けば、「長蛇の列だけどすぐ進むから20分前に並べば十分よ」とのことで拍子抜け。その20分前まで1時間あります。。。

では、カフェでゆっくりお茶でもと思って見つけたのがこちら、とってもシックな駅らしからぬ外観のお店。

LEtoile du Nord par Tierry Marx - 3 (002)

ガラス越しに見える店内も素敵ですし、黒服のドアマンまでいて、敷居が高いなと思いつつも、普通なのに割高な駅構内のカフェに行くくらいならと思い切って入ってみると、「カフェ時間は終了で今はブランチのみ」。

お腹は空いていなかったのですが、メニューを見てみると、大好きなエッグ・ベネディクトがあったので入店決定!

LEtoile du Nord par Tierry Marx - 4 (002)

ブランチ利用ということで二階に通されましたが、ゆったりとした配置にシックな内装。

人も少なく、カウンターにはヴィエノワズリーや紅茶などが並び、後ろではシェフが卵料理を作っている姿も見え、なんだか高級ホテルの朝食のよう!とワクワク。

LEtoile du Nord par Tierry Marx - 1 (002)

さて、メニューといえば、クロワッサンやパン・オ・ショコラ、パン・オ・レザンなどのヴィエノワズリーから一種、卵料理は「エッグ・ベネディクトとスモークサーモン」か、「スクラッッブルエッグとベーコン、ソーセージ、ベイクドビーンズ」のいずれか。

さらにフロマージュ・ブロンのムースと自家製ムスリ(スウェーデンの朝食でお馴染み、日本ではグラノーラの名で人気でしょうか?)、そしてオレンジかグレープフルーツのフレッシュジュースとお好みのホットドリンク。

私は紅茶を頼んだのですが、ちょっと珍しいダマン・フレールのものが出てきて、こだわりを感じました。
マリアージュ・フレールやクスミティーなどをよく見かけますが、個人的にはダマン・フレールは初めてでした。そして、パンとバター、そしてジャムが付いて19ユーロ。

お目当てのエッグ・ベネディクトはマフィン&スモークサーモンのサーモン・ベネディクト。

LEtoile du Nord par Tierry Marx - 2 (002)

卵の火入り加減はもちろん完璧。とろける卵に、濃厚なソース、サーモンの塩気、そしてたっぷりのアニスの独特の香りと風味がいいアクセントになっていて、大正解!
(実はベーコン&ソーセージ&ビーンズの、がっつりイングリッシュブレックファーストにしようかとちょっと悩んでいました。)

外はサクサク中はしっとりでほんのり甘いクロワッサン、気泡が美しい外はカリっ、中はもっちりパンも全て美味。

ボリュームは(私には)少なめでしたが、紅茶やバターのブランドの選択といい、細部にこだわりを感じられ、窓から旅人を眺めながらの優雅なブランチで、出発前から大満足です^^

ご覧の通り、優雅でシックな内装とテキパキと感じの良いサービス、どこかの有名店系列かしら?と思って外に出て改めて店名を確かめると少し前にもご紹介した星付きシェフ、ティエリー・マルクスのお店、「L’Etoile du Nord par Tierry Marx」!

LEtoile du Nord par Tierry Marx - 5 (002)

3ヶ月前にオープンしたばかりだそう。最近、何かとご縁のあるティエリー・マルクスシェフ。

ご馳走さまでした!いつかは本家の星付きレストランにも行ってみたいです^^

普段北駅界隈に来ることはないのですが、もしこの辺りでお茶や食事先を探すことがあれば、旅でなくともここに来ようかな!?

では、Bon petit voyage !

L’Etoile du Nord par Tierry Marx
住所:Gare du Nord(北駅)構内、タリスなどの発着フロアにあります。
公式サイト: https://www.letoiledunord.fr/
無休、6時〜23時