コンシェルジュ・サービス

Gay Pride ゲイプライド


さて、夏のソルドも始まり、夏の準備が着々と進んできたパリ。音楽祭を皮切りに夏の野外イベントが盛り沢山のパリですが、初夏の2番目の恒例イベントとはこちら、ゲイプライド。

今年は6月29日。日本ではゲイパレードと呼ばれていますが正式名称はLa marché des fiertés、直訳して「プライドの行進」となります。
レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)などの性的マイノリティーの社会的受容を目的として始まった世界的な運動で、彼らの文化を讃え、同姓結婚や反差別などの法的権利を求めるれっきとした社会運度です。
ドラッグクイーンや、セクシーで素敵なLGBTの人々が激しいテクノミュージックに合わせて山車の上で躍り、賛同者やお祭り好きな若者達がそれに従い行進するという、とっても派手なお祭り。今年のスローガンは「LGBTにヘテロセクシュアルと全てにおいて同等の権利を!」とあり、同性婚法が可決され既に数組の同性カップルの結婚式が執り行われたフランスで、今もっとも議論が白熱している「同性カップルの養子縁組」をターゲットにしています。今年は例年以上に盛り上がるゲイプライドとなるかもしれません。

16時から20時までは、バスチーユ広場でDJや歌手を招いてのライブもあります。
多くのLGBTの方々がモードや、アートといったパリを支える分野で活躍していて、性的マイノリティーにも寛容なパリ。ある意味とってもパリらしいイベント。すごい人ごみが予想されますので、貴重品を持ち歩かず身軽な格好でパリの街を練り歩けば、本当のパリの一部に触れることができるかもしれません。

出発:Montparnasse (place du 18 juin 1940) 14時~
行程 : boulevard de Montparnasse, boulevard Saint-Michel, boulevard Saint-Germain, pont de Sully, boulevard Henri IV.
到着 : Place de la Bastille.

http://www.gaypride.fr/