コンシェルジュ・サービス

パリでシリア料理〜La Rose de Damas〜


今週は少し寒さが戻り、雨のちどんより曇り空ですが、やっぱりパリは美しい!
久しぶりに徒歩でオペラ地区〜アラブ世界研究所まで約1時間かけて歩きましたが、改めて美しい街だなと。
特にルーブルを抜ける時、シテ島、エッフェル塔を遠目に眺めながら橋を渡る時は何度通ってもテンションが上がりますね。

paris - 1

さて、今回は前から気になっていたシリア料理のレストラン&サロン・ド・テ「La Rose de Damas」をご紹介いたします。

以前ご紹介したアラブ世界研究所での展覧会以来気になっているシリア。そして前回ご紹介した、「ダマスクローズ」。
私はこのローズの香りが大好きでスキンケアやフレングランスキャンドルなどで「ダマスクローズ」と書かれているとつい手に取ってしまいます。

この優雅な「ダマスクローズ」の名のレストランですが、ご覧の通りシンプルな外観。内装もお値段も気軽な感じです。
通し営業で、お昼のみのお得なランチメニュー、夜より割安になる今日の一品(メニューにある一品料理の中から1〜2皿、本日の一品として選ばれ、お得なランチメニューに組み込めるというシステムです)はなんと18時まで注文可能!
今日の一品はズッキーニのファルシーで、中はお米とひき肉とサフランでトマトソース味です。

こちらにも惹かれましたが、まずはいろいろ少しずつ試したかったので、前菜いろいろ盛りの「Assortiments」を注文することに。
「Assortiments」は三種あって、「Assiette de la Rose de Damas」と「Assiette d’Alep」と「Assiette Végétarien」。
ベジタリアンではないので、前者二つの間で悩みましたが、店主のお勧めの「Assiette de la Rose de Damas」を注文することに。
こちらは、冷たい前菜と温かい前菜が両方味わえるそうです。後者は揚げ物+サラダで、がっつり食べたい方向け。

さて、運ばれてきたのは、こちら。

la rode de damas plat - 1

レバノン料理に近いと言われていましたが、一見するとレバノン料理そのままです(笑)。
こちらパリではレバノン料理を目にする機会が圧倒的に多いのでレバノン料理に似ていると思ってしまいますが、それもそのはず。
中東地域の料理はこんな感じのようで、中でもレバノン料理とシリア料理は酷似しているみたいですね。

お味はと言いますと、私はシリア料理に一票!

お馴染みのひよこ豆のペースト「Homos(フムス)」、ナスのキャビア「Moutabbal(ムタバル)」はどちらも美味。
そして、今回初めて食べたフロマージュ・ブロンのクリーム「Labné(ラブネ)」はミントが入っていてさっぱりすっきりでとても気に入りました。レバノン料理だとニンニクのペーストが代わりに盛られていますね。
たっぷり袋に入ったままサービスされる薄いピタパンにつけて食べますが、あまりパンを食べすぎないように!揚げ物類が食べられなくなります。
さてメインの揚げ物類。お馴染みの「Falâfel(ファラフェル)」と、ほうれん草パイ「Fatayer(ファタイヤ)」。ほうれん草パイはレバノン料理では酸味が効いているのですが、こちらは酸味ゼロで、私はシリア版に一票。
お次は挽き割り小麦が入った揚げ肉だんご「Kebbé(ケッベ)」と、ひき肉パイ「Samboûssek(サンブーサク)」。揚げ物類はかなりのボリュームですが全て美味しかったのでパクパクと順に完食。
お口なおしに、私は最後にパセリのさっぱりサラダ「Tabouléタブレ」を取っておきますが、これも残さず完食。小食の方だと二人で一皿をシェアしてもいいかもしれません。

もうお腹はパンパンでしたが、一度レバノン料理レストランで食べて感動したデザートがあったので、それを注文。のはずが、生憎本日はなし。人気メニューだそうです、すぐに売り切れてしまうそうです。
そこで、これまた見かけると必ず注文するお気に入りデザートその2を注文するも、こちらは本店では二種類あって本日提供できるのは揚げバージョン。さすがにそれは無理だと思って相談したら、軽く食べられるオレンジの花のフラン「Mhalbié」はどう?とのことで、こちらとシリアンティーを一緒に注文しました。優しいミルクプリンのようなものでピスタチオとココナッツと一緒に味わいます。シナモンとベルガモットがブレンドされたシリアンティー(なんとサービスでプレゼントしてくださいました!)と一緒にこちらもあっという間に完食。
全体的には、レバノン料理よりも少し軽めで、デザートの甘さも控えめ。レストランにもよるかと思いますが、私はシリア料理の方が口に合うかも?

待ち時間にメニューを見ていると、見たことも聞いたこともない(読めない)料理が写真つきでずらり!次回は、今回なかったお目当のデザートと、シリアならではの料理を食べに来てみようと思います。
皆様も是非お試しあれ!

la rose de damas ext - 1

La Rose de Damas
6 Boulevard Saint-Germain, 75005 Paris