コンシェルジュ・サービス

アルザスランチ@Le Passage


今週のパリは寒い!

一気に気温も下がり雨もパラパラ、霧もうっすら。
雪がちらついた日もありました。

クリスマスのイリュミネーションやデコレーションも始まりとうとう冬に突入か、と思っていた時に目に入ったのが近所のカフェ・レストランの「アルザスデイ」の張り紙。

IMG_4405

1日限定で、アルザス地方名物のフラメンキッシュとシュークルートが提供されるということなので、友人を誘って行ってみました。
寒くなると、どっしり肉が恋しくなりますからね^^

こちらのお店ではランチ時のみ16ユーロで、前菜+メイン+ドリンク又はメイン+デザート+ドリンクのとってもお得なメニューも提供しているようで一瞬迷いましたが、初志貫徹!
アルザス料理をお目当てに来たので、アラカルトでフラメンキッシュとシュークルートを注文することに。

まず、日本ではあまり馴染みのないフラメンキッシュ(Flammen quiche)。

le passage - 1 (2)

ドイツ料理の影響を受けたアルザス地方の郷土料理で、タルト・フランベ(Tarte Flambée)とも呼ばれるフランスのピザのようなものです。

ピザとの大きな違いの一つはトマトソースではなく、フロマージュ・ブロン(fromage blanc)とクレーム・フレッシュ(Crème fraiche)を使っていること。
ピザ同様に色々トッピング可能ですが基本は玉ねぎとベーコンです。

フラメンキッシュならではのパリッパリの薄い生地の上に塗られたクリーミーなチーズのほのかな酸味、ラルドン(ベーコン)の塩気とほんのり甘い玉ねぎ、そしてさっぱりシブレット。
こちらのお店ではオリーブオイルとバルサミコを少しつけながらいただくようです。

フラメンキッシュにバルサミコは初めてだったので、最初は飾りかな?と思っていましたが、これがいける!

酸味と甘みと塩気のバランスが絶妙な一品で、友人とシェアしたのを少し悔やみました(笑)

通常サイズがあればこれをメインとして食べてもいいかな?と思うくらいの満足度。
スナッキングメニューとしてどの時間帯でも食べられる定番メニューに是非入れて欲しいところです。

そしてメインのシュークルート(Choucroute)は予想通りかなりのボリューム。

le passage - 2

まずザワークラフトを一口。
酸っぱすぎず、これだけでもとっても美味しい!

二種の塩漬け豚肉、手前の方はとろけるような柔らかさにコラーゲンたっぷりな感じ。

奥の方はかみごたえありでがっつり。
どちらも結構な塩気があるのでザワークラフトやジャガイモと交互に食べていきます。

ソーセージは、フランクフルトソーセージと白いソーセージ(豚と鳥かな?)。

こちらは両方ともあっさりでマスタードを付けながらパクパク。
全体のバランスが良く、最後まで美味しく飽きずにいただけました。

欲を言うなら、ザワークラフトが本当に美味しかったのでもう少し量があっても良かったかな?
そして豚肉の塩気を緩和してくれるホクホクジャガイモも、もう少し欲しかったかな?

とはいえ、このクオリティとボリュームで18ユーロ、予想以上の美味しさで大満足!

せっかくだからと、お腹いっぱいだったのにもかかわらずデザートも試すことに。

こちらも本日の一品からプラリネのミルフィーユを注文しました。

le passage - 3

生地作りが上手なのでしょうか?サックサクの軽いパイ生地にたっぷり挟まれた香ばしいプラリネ(ヘーゼルナッツ)クリームとキャラメルソース。
甘すぎず上品なお味で、ぺろっと完食してしまいました。

この界隈(植物園・アラブ世界研究所)には、カフェ・ブラッスリーが数軒ありますが、ランチ時に続々と人が集まってきて満席になったのはこちらのみ。

通し営業をしているカフェ・レストラン(ブラッスリー)=料理はイマイチのイメージでしたが、偏見はいけませんね。

今までカフェ利用しかしていなかったことを悔やみました。

黒板に書かれた本日のお料理以外にも印刷されたメニュー上には多数の定番お料理があり、選択肢はとっても豊富。
周りのお客さんのお皿をチラ見しましたがどれも一工夫されているようでとっても美味しそうでした。

サービスの方もとっても感じが良く、通し営業のカフェ・レストランということもあって、気兼ねすることなく15時半までゆっくりランチとお茶を楽しむことができました。

ご飯も美味しく、年中無休の通し営業。
この界隈で気軽に美味しいご飯を食べたい方、是非一度おためしください。

夕方また前を通るとアルザスデイの張り紙が外されていたのでアルザス料理はランチで完売してしまったようです。
「大好評につき第二弾開催!」を期待します。

ちなみに、日本でも有名なシュークルートは多数のブラッスリーやレストランで定番メニューの一つとして見かけますが、フラメンキッシュの方に興味がある方には、St Sulpiceにある「O’Neil」(20 rue des Canettes, 75006)をお勧めいたします。

フラメンキッシュならここ!の有名店でいつも賑わっています。
多数の種類がありますので、複数で行っていろいろお試しください。

ではBon Appétit!

Le Passage
住所:46 Rue des Fosses St Bernard, 75005 Paris
営業時間:8時〜0時(無休)
最寄駅:Jussieu, Cardinale Lemoine⑩