コンシェルジュ・サービス

Le Sweet Spot 〜その1:パット・ア・タルティネ〜


食べ物ネタが続いていますが、寒い日には甘いものでもほっこりしたい!ということで、ムフタールにこの夏オープンし、既に大人気の世界初のPâte à tartiner(パット・ア・タルティネ)専門のサロン・ド・テ「Le Sweet Spot」をご紹介します。

le sweet spot ext

パット・ア・タルティネは、パンに塗って食べる甘いペーストやクリーム(日本ではスプレッドの名称で知られているのでしょうか?)のこと。世界的に有名なのはピーナツクリーム、そしてフランスの国民的パット・ア・タルティネとも言えるヘーゼルナッツのNutella(ヌッテラ、イタリアが本家ですが)などでしょうが、「Le Sweet Spot」ではフランス国内はもとより、世界各地から選りすぐりの50種以上のパット・ア・タルティネを週替わりで提案。
入り口右手の壁に可愛らしく陳列されている商品をじっくり見ていると、各種のチョコレート系クリームの他、カプチーノの隠し味が効いたスペキュロス(シナモンクッキー)、レモン、いちご、クルミ、そしてホワイトチョコ&ヘーゼルナッツなど、普段かなか見かけない商品がずらりと並んでいていろいろ試してみたくなります。商品はその場、または下記のサイトでも購入可能です。

le sweet spot sucre

写真のパット・ア・タルティネはブランチ用のですので、ミニヴィエノワズリーも入っていますが、パット・ア・タルティネだけを注文するとパニエに入ったパン3切れとその週のパット・ア・タルティネ3種が運ばれてきます。パンは店内奥にあるトースターで焼くことも可能ですのでお好みで。カプチーノや、マサラティーなど、お茶も美味しいので、ホッとドリンクと一緒にお楽しみください!

パット・ア・タルティネは、朝食や3時(こちらでは4時ですが)のおやつに最適ですが、他にも全て手作りのケーキや、マフィン、ランチ時には塩気のタルティーヌ、サラダ、本日のプレートなど、朝から晩までいつ行っても、お腹を満たしてくれます。
木の温もりが感じられる店内はポップで可愛い壁紙と無数のランプで飾られていて、女性的なくつろげる空間ですが、お喋りに花を咲かせる女性グループや親子連れに混じって、ちょっと一息といった感じのビジネスマンや男子学生の姿も。

le sweet spot int

フランス男性は甘いもの好きが多いので、普通のカフェよりも、ちょっと小腹が空いた時にはこちらで子供の頃のように、パンに甘いクリームを塗って美味しいおやつタイムを楽しんでいるのでしょうか?男性が一人でカフェやサロン・ド・テで甘いものを頬張っている姿はいつ見ても微笑ましいですね!

そしてもう一つ、お勧めなのが、ブランチ!ですがこのお話はまた次回にゆっくりと…

Le Sweet Spot
108 rue Mouffetard 75005 Paris
HP:http://lesweetspot.paris/
月:定休
火:10時〜19時
水・木・金:8時半〜19時
土:10時〜19時
日:10時〜18時