コンシェルジュ・サービス

〜Les 3 chocolats〜


長〜いバカンスが終わってこの月曜日から新学期。

先週末は天気も良く日焼けしたパリっ子たちが、テラスやセーヌ河岸で太陽の光を浴びながら夏休み最後の週末を楽しんでいました。

さて、天気が良いと言っても日中暑いと感じることはなく、朝晩はかなりひんやりしてきています。

涼しい夜には、久々にアロマキャンドルを焚いてみたりと、ああ、もう秋か〜と思って散歩していたところ発見したのがこちらのショコラティエ、「les 3 chocolats」。
久々に通ったマレ地区のRue Saint Paulにあります。

les trois chocolats

ウィンドウが素敵だったので何かな?とチラ見していたら日本人らしき店員さんと目があって「いらっしゃいませ!」。と言われたら、入らずにはいられません(笑)。

ショーケースを覗いてみると、山椒、味醂、味噌、きな粉など、あらあら初めて見る和のショコラが沢山!

les trois chocolats 3

近年、料理、パティスリー界では柚子や抹茶、ゴマなどはかなりポピュラーになっていますが、このラインナップは初めてでどんな味だろう?と好奇心がムクムク。

二、三個味見程度にと思っていたのですが、見ているとどれも試したくなったので、未知の味+αで9個詰の缶に詰めていただきました。

選んだのは、きな粉、味醂、味噌、はちみつ生姜、ほうじ茶、阿蘇(濃厚ミルク)、そして他と比べてみようかなと思ってお馴染みの抹茶とバニラ。

les trois chocolats 4

悩んでいる最中に常連さんのような方々が数名入ってきて、ショコラショーを頼んでいたりしていました。

途中若い女性のショコラティエが店頭に出てこられ、どこかで拝見した顔だな?と思って聞いてみたら、日本のメディアでインタビュー記事が掲載されていた方でした!

代表でもある佐藤シェフは博多出身でご実家は老舗の洋菓子店。
オープンして1年半ほどとのことですが、ショコラ激戦区のパリで和の素材を使ったオリジナリティのあるショコラを提案し、着実に顧客をつけている様子でした。

こちらで作ったショコラを日本へも逆輸入しているようなので、今後の展開が楽しみですね!(シェフのプロフィール下記のHPからご覧いただけます)

この日は売り切れていましたがお餅を使ったパティスリーもあるようなので、もう少し秋が深まったらショコラショーとパティスリー目当てに再訪しようかなと思いました。

les trois chocolats 2

皆さんもマレ地区散策の際には立ち寄られてはいかがでしょうか?
和の素材をうまく生かしたオリジナリティ溢れるショコラ、美味しいフランスショコラで舌が肥えているフランス人にもきっと喜ばれますよ!

さてさて、購入した9個のショコラ。毎日ちょっとずつ、と思いきな粉から始めたのですが、きな粉〜味醂〜味噌〜山椒と初日で既に4個終了(笑)。

きな粉はフランス人にも人気だそうで、美味しいに違いない!と思っていたのですがまさしく予想通りの美味しさ。

他の三つは素材としては大好きなのですが、果たしてチョコレートと合うのか?とお試しの意味で買ってみたのですが、香ばしい味醂の香りと風味、味噌のコクと甘さ、そして絶妙なピリリ感がたまらない山椒。

どれも絶妙な配分なのでしょうか?素人なのでこれ以上の感想が書けなくて申し訳ありませんが、上質の素材本来の味とチョコレート本来の味両方が感じられて、非常に美味しゅうございました!

今度は和以外のショコラも試してみたいです^^

Trois chocolats1

では、Bon appétit !
Les Trois Chocolats
http://les-trois-chocolats-paris.com/
住所:45 rue Saint Paul, 75004 PARIS
営業時間:11時〜20時(月曜定休)
最寄りメトロ:St Paul①、Sully-Morland⑦