コンシェルジュ・サービス

サクッと夕食後のNuit des musées〜美術館の夜


日も長くなり夕方〜夜のそぞろ歩きが楽しい季節になってきました。
天気がコロコロ変わり朝晩の冷え込みもあるのでついトレンチやニット、タイツで出かけてしまいますが、日中は晴れるとちょっと汗ばむくらい。この時期の服選びは本当に難しいですね!

さて、今週は晴れが多く、気持ちのいい青空の日が続いたので移動をできるだけ徒歩にしてみました。

notre dame 16052019 - 1

ノートルダムの元気な姿を見るたびに励まされ、いつになったら、そしてどんな風に再建されるのだろう?と考えながら諸用で向かったのは久々のマレ、rue de sévigné。
この通りには、Sandro、Claudie Pierlot、Les petitesなどのアウトレットが並んでいるので帰りについつい覗いてしまいますが、今回立ち寄ったのはこちら。クスクスのテイクアウトのお店、「Cous’Mania」。
Bar à Couscous(クスクスバー)という言葉が新鮮だったので入ってみたのですが大正解でした!

cous mania - 4

まず、容器のサイズを選べるのがとっても嬉しい。「クスクス=大好物だけれどすごい量なのでお腹がすごく空いている時にしか行けない」というもったいない精神高めの私の悩みを解決してくれるのは本当にありがたい。
ここなら小腹が空いた時でも気軽に立ち寄れます。しかも注文してから気づいたのですが、ベースのスムールをキヌアや大麦に変えることも可能なので、スムール=太る、重いから避けたいというヘルシー&ダイエット志向の時にもいいですね。
そして普通にお腹が空いている時にちょうどいい一番小さなサイズは7.9ユーロととってもお得です!メインは、鶏肉、牛肉、メルゲーズ、ケフタ(肉団子)の中から一つ選び、お野菜も写真のように複数のなかから自由に選べます。

cous mania - 1

私は、メインはメルゲーズ、お野菜は玉ねぎとレーズをシナモンで炒めたもの(甘くて美味しい!)とカブとズッキーニを選択しました。おまけに甘いプルーンもつけてくれたので、お好みで追加してくれる辛いアリサとの相性もバッチリ。ちょうどいい甘辛具合で、お野菜、お肉と栄養バランスバッチリの美味しいクスクスをささっと完食でき大満足でした!
お肉なしでももちろん注文可能なので、ベジタリアンの方にもお勧めです。ちなみに店内には数席ウンター席があり、私は荷物も多かったのでイートインにしましたが、天気がいい日は公園でピクニックでもいいですね。

cous mania - 2

数年前から、デリバリーサービスが流行っているせいなのかテイクアウトをメインにしたような小さな軽食屋さんを沢山見かけるようになりました。
パリで軽めにサクッと食べたい時の選択肢といえば、数年前まではパン屋さんで購入できるサンドイッチやパスタ、サラダ、キッシュなどの軽食、ケバブやファラフェルといった中近東系のサンドイッチ(軽くはないですが)くらいしかなかったように思いますが、今では、デリバリーサービスの普及のおかげでボブンなどのアジアン料理はもちろんのこと、各種のBento(今ではすっかりフランス語として浸透し、日本や台湾、韓国などのアジア諸国の弁当以外にも、いろんな国のBentoが増えています)や、ビストロ料理などもテイクアウトできるようになったので、しっかり食べたいけど時間はかけたくない時などに重宝します。

そして、今週末、5月18日(土曜日)は、今年で15回目を迎えるNuit des muséesが開催されます。
夕方から0時頃まで多数の美術館が無料で解放され、様々なイベントを楽しめるという太っ腹な文化イベント。ルーブル、オルセー、オランジュリー、ケ・ブランリー美術館など人気の美術館は混雑が予想されますのでお早めに!

オフィシャルサイトはこちら:(英語版もあります)
https://nuitdesmusees.culture.gouv.fr/

個人的なおすすめはピカソ美術館のダンスパフォーマンス。18時から、振付師Yoann Bourgeoisによるパフォーマンスが現在開催中の展覧会Calder-Picassoと一緒に楽しめます。
サクッとクスクス食べた後に土曜の夜のマレ散策はいかがでしょうか?

Cous’ Mania (なんと日本語サイトも!?)
6 rue de Sévigné, 75004 Paris

Musée National Picasso
5, rue de Thorigny, 75003 Paris 3
Nuit des musées イベント 開催日時:2019年5月18日(土)18時〜23時