コンシェルジュ・サービス

二つ星シェフのパン屋さん Thierry Marx – La Boulangerie


冬のソルドも終了間近、だいぶ寒さも和らいだし散歩がてら最終値下げ商品の掘り出し物探しを・・・
と思いつつも膝が痛くてショッピングは控え中の寂しい日々。

放っておけば治るだろうと思っていたらかれこれ1ヶ月が経過したので、同じく膝を悪くしていた知人の勧めで日本でも行ったことのないChiropraxie(カイロプラクティック)へ行ってきました!

フランスの整体やマッサージ系はあまり信用してないのですが、今回は痛い!っと思わず軽く叫ぶくらい押してくれたり、ゴキっとしてくれました。なんだか治った気がしたので、足取り軽く未開の地区で昼食先を探していると雑誌で見たことのある「Thierry Marx – La Boulangerie」の看板が!

Thierry Marx - La Boulangerie - 1 (002)

メディアにもよく登場する二つ星シェフのティエリー・マルクス氏が昨年8月にオープンしたイートインも可能なパン屋さん。
というよりか、イートインが基本のパンを中心とした軽食店といった感じでしょうか?

パン屋となっていますが、ご覧の通り、パン屋らしからぬとてもシックでオシャレな佇まい。
ちょっとドキドキしながら扉を押すと、まず目を引くのがオープンキッチン。

Thierry Marx - La Boulangerie - 2 (002)

本日のスープがあったり、クレープがあったり、また週末にはブランチがあったり、と温かいものも提供していて、やっぱり普通のパン屋さんではありません。そして次に目を引いたのが、こちらの看板?でもあるBreadmakis。

一瞬何かわかりませんでしたが、巻き寿司ならぬ巻きパン!です。

Thierry Marx - La Boulangerie - 4 (002)

つまり酢飯の代わりに日本でいうところの食パンを使って様々な食材を巻いているのです。

エビ&アボカドや、パストラミなどどれもシンプルながら美味しそうでしたが、遅めの昼食だったので、お腹はペコペコ。一番お腹が膨らみそうなホットドッグ巻きを注文しました。

ちなみにフランス語ではHを発音しないのでわかってもらえず、「オットドッグ」と言い直されました(苦笑)が、上品なお味で美味しゅうございました。
個人的にはもうちょっとボリュームが欲しかったですが、他にも美味しそうなサンドイッチ(今回は味見しませんでしたが、やはり基本のバゲッドが美味しいそうなこと!)や他ではちょっと見かけないヴィエノワズリーがあり、また、パティスリーもさすがに美しくそそられます。

Thierry Marx - La Boulangerie - 3 (002)

今日は朝からチョコケーキを食べてしまったのでデザートは我慢しましたが、家用に、これまた珍しいカプチーノブリオッシュを購入。小麦はオーガニックの物を使用しているそうで、近所にあれば間違いなく通ってしまいそうな充実ぶりです。

そして、とってもオシャレな店内ですが、よく見るとオートバイの座席のようなカウンター席があり、バイクに乗っているかのような格好で食事しているシックなビジネスマンの姿はなかなかお茶目。

Thierry Marx - La Boulangerie - 5 (002)

場所柄観光客は少なく、近所で働くワーキングマン&ウーマンがささっと食べて帰ると言う感じで回転も速く、サービスも速く、この界隈でサクッと美味しいものを食べたい時にはオススメです。

また朝食メニューもあるようなので朝に来ることがあれば「星付きシェフの朝ごはん」もご紹介いたしますね!

では、bon appétit !

Thierry Marx – La Boulangerie
51 RUE DE LABORDE
75008 PARIS
最寄りメトロ : SAINT-AUGUSTIN(9番線) – MIROMESNIL(9、13番線)
営業日時:月〜土、7時半〜20時、日曜定休
http://www.thierrymarxlaboulangerie.com/