コンシェルジュ・サービス

Yemma  〜モロッコ ストリートフード〜


秋の紅葉が美しいパリからこんにちは。

日本に一時帰国していて2週間ぶりにパリに戻ったらすっかり秋!いや、朝晩は冬になっていました!
日本では紅葉はまだちょっと早く逃してしまいましたが、パリで少し楽しめそうです。

さて、以前ご紹介したAtelier des lumièresの近くで手軽に美味しくたべられるお店を発見したのでご紹介いたします。
夜は結構冷え込むパリ。用事が終わった後に、うどんかラーメンでもサクッとすすって帰りたいところだけど、「パリだと難しいよね〜。代替はブラッスリーでのオニオンスープか〜。でも定番すぎて意外になかったりするよね〜。美味しいところ何軒か探しておかねばね〜。」なんて言いながら軽食が取れる店と探していたら見つけたのがこちら。
夜にサンドイッチか?と思ったものの、ウィンドーに並べられたモロッコのパン、皮もんに惹かれ、オサレな店内とお財布に優しい料金設定に魅了され、ドアを押しました。

yemma - 4

店内に入るとボリューミーなクスクスを食べている人と、KAZDALと言うラップサンドみたいなものを食べている人を発見。軽食目当てだったので迷わず後者をシェアすることにしました。

メインの具材は、鶏肉、ケフタ(肉団子)、メルゲーズ、仔牛、羊、ベジタリアンから選べます。
私たちはケフタと、ミントティーを注文。ご覧の通り、かなりのボリュームですが、皮が薄くお野菜たっぷりなので、お腹が空いていたら一人でもペロリといけそうな感じです。

yemma - 7

肝心のお味はと言うと、パリッパリの皮がまず美味しい!そして、薄めの味付けでジューシーな肉団子、きゅうり、ミント、サラダとお野菜たっぷりで全体的にかなりヘルシーであっという間に私の割り当て分完食しました。
濃いめの味付けが好きな方にはオススメできないかもですが、薄めの私にはちょうど良かった。ミントティーも甘さ控えめ。

大満足の後にデザートとしてcorne de gazelle(コルヌ・ドゥ・ガゼル、和訳すると鹿の角)を注文。
モロッコを代表するお菓子で、中はアーモンドペースト。オレンジの花水がアクセントになっていて、ハチミツを使った甘いお菓子が多いモロッコ菓子の中ではかなりスッキリさっぱり。そしてとっても美味しいお気に入りの一品です。
基本の白いものの他にピスタチオとアーモンドがありましたが、両者はしっかりハチミツコーティング。ピスタチオも頼んで友人とシェアしましたが、外はほろほろ、中はしっとりの基本の白がやっぱり美味でした。

yemma - 8

以前ご紹介したAtelier des lumières(リンクはこちら)でのクリムト展は大好評のようで、2019年1月6日まで延長されるとか。
本当に素晴らしいのでまだの方は是非足を運んでみてください!
今回は期間限定の夜の特別展を観に行ったのですが、またじっくりクリムト展を観に再訪する予定です。

そしてお腹が空いたらこちらにも^^

yemma - 6

では、bon appétit!

Yemma
住所:Rue du Chemin Vert, 75011 Paris
営業時間:12時〜15時、19時〜23時
最寄駅:Saint-Ambroise⑨、Voltaire⑨